今日の休憩

千代田区のOLが毎日一時間の昼休憩をとります

11月17日(月) 30年後のインタビュー

カップヌードル食いました

 
 
今日は30年後に自分がインタビューされたらという妄想をします
 
 

 

--

記者:

本日は「あの人を作った場所」取材許可いただきありがとうございます。

 

 
 
私(54歳):
とんでもございません。お声かけいただき、光栄でございます。
 
 
 
記者:
さて、「日本女性の作法」という本がベストセラーになっています、
柏田腕美先生ですが、腕美先生の思い出の場所というのはこちらの、、?
 
 
 
 
f:id:udemerry:20141117124115j:plain

私:

高橋是清公園です。

 

 
 
記者:
へぇ〜!こんな都会の一区画に、素敵な公園があったんですね。
会社員時代、よく来られたと?
 
 
 
私:
そうですね。今でこそ江戸ことば講師として、食べて行けておりますけれども、大学卒業してから5年間はこの近くの会社でOLをしていたんですね。
その時、よくここでお弁当を食べていました。
 
 
 
 
記者:
先生もそんな時代があったのですね。
江戸ことばに関しての思いは、会社員時代に育まれたのでしょうか?
 
 
 
 私(54歳):
ええ。当時、毎日昼にブログをやっておりまして
それを全て江戸ことばで書いていたんですね。

 

 
 
 
記者:
ええ!毎日、しかも江戸ことばでですか?
 
 
私(54歳):
そう。今となっては、ちゃんちゃらおかしいやい!といったお話ですけれどもね。(笑) 
 
 

 

 

記者:大変だったんじゃないですか?

 

 

 

 

 

私(54歳):

最初はね、忘れそうになっちゃったりなんかして、大変なんだけど。

ある日コメント欄に「粋でいなせな方ですね」なんて感想貰えるようになって、

それみたらもう「こりゃてぇへんです!」なんて毎日舞い上がっちゃって。(笑)

 

 
 
f:id:udemerry:20141117130021j:plain
先生も歩いた道、落ち葉が色づいている   
 
 
 

記者:素敵なブログだったんですね。

そんな先生、毎日この公園で日課にしていたことがあるとか?   

 

 

 

私(54歳):そうなんです。この公園は名の通り、高橋是清先生の栄誉を称えた公園なのですけれども、毎日是清先生の銅像の前で、手を合わせるんです。で、「先生、今日は私こういうことがありました」とね。報告するんです。 

 

f:id:udemerry:20141117130057j:plain

「柏田腕美」が作られた階段     

 

 

 

f:id:udemerry:20141117130114j:plain

私(54歳):

「先生、先生、って毎日呼ぶんです。そしたら答えてくれてる気がして。5年目になった時、先生に今後の悩みをね、相談したんです。江戸ことばのことしか考えられない、もう仕事が手に着かない、って」  

 

記者:ええ。  

 

私(54歳):そしたら是清先生が、ほほ笑んでくれた気がして。  

 

記者:この高橋是清像が、先生の原点なのですね。  

 

 

f:id:udemerry:20141117130128j:plain

私(54歳):

はい。今でもやっぱり、先生の背中は大きいですね。

 
 

記者:

本日はありがとうございました。江戸ことば講師、柏田腕美先生でした。

 

 

 

 

 

 

---

 

江戸ことば講師って儲かるのかな と午前中疑問に思った日の日記でした。

 

 

また明日です。